ゴルフ上達レッスン37・ハーフ終了、昼食休憩でやることは

ハーフ9ホールが終わった。まずは、グリーン上で必ずあいさつをしよう。
多くのゴルフ場ではここで昼食になる。どんなに早いスタートで10時ぐらいに上がってきたとしても。
これは日本独自の方法といていい。海外では「スルー」といって、ハーフが終わってすぐに次のハーフに行くことが普通だ。そのために、売店などがあって、軽食を打っている。コース内を移動してくるキッチンカーのようなものもある。
北海道と沖縄では「スルー」が一般的。どちらの方が時間を有効に使えるかは、過ごし方次第だろう。ここでいったん休憩をとって、というのも、うまく使えば楽しいゴルフになる。
クラブハウスに戻る。カートで戻る間にスコアの確認をする。今は、カートにモニターがあってスコアを打ち込めるものもある。
「46でいいかな」とルールさん。「はい」。課題の「トリプルボギーをたたかない」がでいただけ、うまくいった方じゃないか。

クラブハウスに入るための注意

クラブハウスに戻ると、係員が次のハーフのスタート時間を教えてくれる。紙に書いてくれるところもある。この時間、全員が知っていないといけないので、必ず確認したい。
クラブハウスに入る前に、やること。シューズについた汚れを落とす。通称「エアガン」という、空気が高速で噴き出す機械が設置されているので、そこにいって、シューズ、特にシューズの底についた芝カスや土などを落とす。クラブハウス内には芝カスの持ち込みは禁止。
雨の日でレインウエアを着ているときは、ここで脱いで乾燥室に持って行こう。次のスタートまでにはある程度は乾いてくれる。
汚れを落としたら、クラブハウスへ。私はまず洗面所に行く。手洗いやうがいはもちろんだが、うまくいかなかったときに顔を洗って出直すためでもある。

携帯電話を持って行かないので、ロッカーに寄って昼食休憩中にチェックもする。

レストランに入る時、もし帽子をかぶっていたら必ず脱いで帽子掛けに掛ける。ゴルフ場とはいえ、レストランで帽子を脱ぐのは普通でも当たり前のマナーだ。
テーブルには組ごとに着席する。ロッカー番号を告げて、注文してっと。車で来た人はアルコールはだめ。あれ? 私は…どうだったっけ? そうだ、電車で来て、クラブバスに乗ってきたんだった。アルコールはOKだ。

午後のスタート10分前にはホールへ

ここで初めて回る人たちと、改めて自己紹介する。名刺交換はスタート前にやっていなかったら、全部終わってからの方がいいかもしれない。たいてい1時間程度の昼食時間だが、互いに知り合える貴重な時間にもなる。次のハーフがまた違った楽しさにもなる。
話し込み過ぎてスタート時間を忘れないように。できれば10分前にはスタートホールに行っておきたい。

関連記事

  1. ゴルフ上達レッスン6・ラフでのクラブ選択

  2. ゴルフ上達レッスン31・ バンカー内に小石があったらどうする?

  3. ゴルフ上達レッスン20・グリーン上でやることは

  4. ゴルフ上達レッスン10・ゴルフは誘惑がたくさん

  5. ゴルフ上達レッスン22・ボールの周りに落ち葉があったときは

  6. ゴルフ上達レッスン34・ 深いラフに入ってしまったら

こちらの記事もどうぞ

ゴルフレッスン, ラウンド中