ゴルフ上達レッスン38・ テンプラってどうなの?

10番 528ヤード パー5

さて、後半のハーフ、「午後ハーフ」ともいう。「ちょっと先にやっていてください」と前進さん。トイレに行き忘れたようだ。「先行くよ」とルールさん。ルール改正で打順は安全を確認して準備ができた人からでよくなったので、前に遅れないように行こう。
「後半もよろしく」。レッスンさん、ルールさんがそうあいさつして打った。戻ってきた前進さんがまだドライバーを抜いているところだったので「先行きます」とティーアップした。
久しぶりのゴルフでせっかく前半でゴルフを思い出してきたが、昼食で途切れたので、少し慎重に行こう。
「後半もお願いします」と言ってから打った。「あれ?」。変な感触、ボールを打った手ごたえがない。ボールの行方を見失った。
「上だよ、上」とレッスンさん。ボールが高く舞い上がっている。

テンプラになる原因は?

通称「テンプラ」というショットになった。主にドライバー、ウッド系で起きるミスショットだ。クラブフェースの上の方に当たって、ボールが高く上がってしまう。距離もでない。
このショットを打つと「昼飯に天ぷら食べた?」というのが、お約束の人もいる。私の場合は違った。「ハイボール飲んだからだよ」とレッスンさん。そうきたか。
「リズムが早かったんじゃないか」と続けて言う。確かに。いつもよりリズムが早くなって、体が突っ込んで、いわゆる「打ちに行って」しまうと起きやすい。ティーアップが高すぎてもテンプラしやすい。
なんとなくリズムはつかんできていたのだが、昼食で空白の1時間ができて、少し忘れたようだ。ボールを打とうとし過ぎたのだろうか。

自分のリズムを思い出そう

月イチゴルファーは、自分のリズムというのをすぐに忘れてしまいがちなので、注意したい。
ただ、テンプラの場合は飛距離はあまり出ていないが、まっすぐ飛んでいることが多い。150ヤードぐらいだろうか。
「これなら7番アイアンで打った方がよかったですね」と自嘲気味にいう。「まあ、ロング(パー5)だし、挽回できるよ」とルールさん。前進さんは「嫌なもの見ちゃったなあ」。昼食時間に自己紹介などをしたおかげで、会話も弾むようになっている。

関連記事

  1. ゴルフ上達レッスン37・ハーフ終了、昼食休憩でやることは

  2. ゴルフ上達レッスン11・ドロップは膝の高さから

  3. ゴルフ上達レッスン25・風を味方にしよう

  4. ゴルフ上達レッスン35・フェアウエーバンカーからグリーンを狙う

  5. ゴルフ上達レッスン29・OB杭が邪魔な時は?

  6. ゴルフ上達レッスン30・「レディーゴルフ」の推奨

こちらの記事もどうぞ

ゴルフレッスン, ラウンド中