ゴルフ上達レッスン64・ スパイクマークがライン上にあったら直そう

17番(377㍎) パー4

雪が降りしきっている。そんな中でゴルフをするのも、貴重な体験だ。グリーンでは降った雪がすぐに消えていく。雨でぬれたグリーンのような状態になっている。
私は2㍍のパーパットが残っている。ぜひとも入れたい。
先に打つのはルールさん。パーオンしたとはいえ、バーディーパットは10㍍以上ある。

スパイクマークに気をつけよう

「直すね」とルールさん。こうして断らなくてもいいのだが、ライン上にあるスパイクマークを、パターの底面でトントンとたたいて直していく。「そうか」と思った私も自分のラインを見たらスパイクマークのようなものがあるので、レッスンさんが直している間に自分のもトントンと修復した。
こうした濡れたグリーンでできやすいのが、スパイクで歩いた時に、スパイク底の突起でグリーンを傷つけてしまってできるスパイクマークだ。
かつては金属の鋲がついたメタルスパイクだったので、スパイクマークができやすかった。いまは、芝生保護の観点からもソフトスパイクの使用を義務付けているコースが多いので、スパイクマークは少なくなっている。
ただ、雨や雪で濡れたグリーンは軟らかいので、ソフトスパイクでもスパイクマークを作ってしまうことも多い。
スパイクマークがあると、転がったボールが当たって微妙に方向を変えられてしまうこともある。

グリーンにはその他にも、ボールが落下してできるピッチマークも、ちゃんと修理していないケースもあるので、それは直してもいい。

人のラインやカップ周りは踏まないようにしよう

旧ルールではスパイクマークは補修できなかった。よく「人のラインは踏まないように」と言われるが、これはなかったはずのスパイクマークを作ってしまうから。不公平になる。妨害行為ともとられた。
新ルールではスパイクマークの修復をできるようになった。公平さの観点でもある。
自分のパッティングのラインを読もうとして、または、うっかり人のボールの位置を忘れてしまって、人のラインを踏んでしまうことがある。だからグリーン上では「人のラインを踏まないように」と、マナーとして厳しく言われる。
ソフトスパイクになってスパイクマークは少なくなったが、それでもうっかり引きずってしまったりする。
また、特にカップインしたボールを拾う際には、カップ周りはなるべく踏まないようにしたい。プレーしている人全員がカップ周りを踏んだら、傷んでしまうだろう。
ルールさんはうまく寄せてパー。私は2メートルのパーパットを少し強めに打って沈めた。雪の中でパーをとれたのはちょっとうれしい。

関連記事

  1. ゴルフ上達レッスン49・埋土(めつち)をしなければならない時は

  2. ゴルフ上達レッスン31・ バンカー内に小石があったらどうする?

  3. ゴルフ上達レッスン35・フェアウエーバンカーからグリーンを狙う

  4. ゴルフ上達レッスン52・フォローに乗って植木の中にボールが飛び込んだ

  5. ゴルフ上達レッスン17・ティーイングエリアの使い方

  6. ゴルフ上達レッスン65・ バンカーレーキが止めてくれた?

こちらの記事もどうぞ

ゴルフレッスン, ラウンド中
  • ゴルフ上達レッスン31・ バンカー内に小石があったらどうする? ゴルフ上達レッスン31・ バンカー内に小石があったらどうする?8番ホール、367ヤード、パー4 グリーンに行くと、相当奥までボールが転がっていた。 その前に、手前のバンカーに入れた前進さん。「こりゃ、どうしよう」と言っている。見に行くと、ボールのすぐ近くに小石がある。 ルールさんが
  • ゴルフ上達レッスン30・「レディーゴルフ」の推奨 ゴルフ上達レッスン30・「レディーゴルフ」の推奨8番ホール、367ヤード、パー4 林から出してきた。3打目に向かう私よりグリーンに近いところで2打目を待っていた前進さんが「先行くよ」と言って打った。 「レディーゴルフ」というのがルール改正で推奨されている。これまでは「
  • ゴルフ上達レッスン29・OB杭が邪魔な時は? ゴルフ上達レッスン29・OB杭が邪魔な時は?8番ホール、367ヤード、パー4 林の方向に向かって入っていったボールを探しにいった。 OB杭が林に入ってすぐのところに並んでいる。「けっこうOBが浅いなあ」と思いながら、手前側からOB杭の周辺を探していた。 「ありまし
  • ゴルフ上達レッスン28・ティーイングエリアのどこに立つ? ゴルフ上達レッスン28・ティーイングエリアのどこに立つ?8番ホール、367ヤード、パー4 気分はいい。なんといっても、前のホールでバンカーから1パットでパーを取れたのだから、それだけでも「自慢する」ネタはできたかも。 8番に来た。ここのティーイングエリアに上がる。人が打つ時に
  • ゴルフ上達レッスン27・パットのOKは時間短縮になる ゴルフ上達レッスン27・パットのOKは時間短縮になる7番ホール、172ヤード、パー3 バンカーショットがうまくいって、2メートルぐらいのところについた。これはパーを取れるかもしれない。そんなうきうきした気持ちでいるときに注意したいのは、ほかの人のボールの位置を確認すること
  • ゴルフ上達レッスン26・バンカーを苦手と思わないこと ゴルフ上達レッスン26・バンカーを苦手と思わないこと7番ホール、172ヤード、パー3 前のホールでは残念ながらダブルボギーにした。せっかくボギーペースで回っていたが、連続ダボで上回ってしまった。ここから気を引き締めていきたい。というか、いつも気を引き締めていないといけない
  • ゴルフ上達レッスン25・風を味方にしよう ゴルフ上達レッスン25・風を味方にしよう6番ホール、433ヤード、パー4 第3打はうまくいって、フェアウエーにあった。といってもまだ距離は残っている。 「キャディーさん、どのぐらいですか」「ピンは手前で120ヤードのフォロー(追い風)です」。 120ヤードは自
  • ゴルフ上達レッスン24・池はペナルティーエリアと呼ぶ ゴルフ上達レッスン24・池はペナルティーエリアと呼ぶ6番ホール、433ヤード、パー4 どうもドライバーショットでフックが出てしまう。どうしてか考えても、すぐにわかるようならフックなんて出ないよな、などと思いながら6番へ。 「ここはきれいなホールだなあ」とルールさん。右に池
  • ゴルフ上達レッスン23・グリーン上のボールに当たった ゴルフ上達レッスン23・グリーン上のボールに当たった5番ホール、320ヤード、パー4 グリーンに乗ったボールはピンまで8メートルぐらいだった。 前進さんが手前にショートしていて、アプローチをしようとアドレスに入りそうだった。狙う方向と私のボールの位置は違うのでそのままにし
  • ゴルフ上達レッスン22・ボールの周りに落ち葉があったときは ゴルフ上達レッスン22・ボールの周りに落ち葉があったときは5番ホール、320ヤード、パー4 1発にOBから崩れてしまう。「月イチゴルファー」にはよくある話。 幸い、このホールは短いミドルホールなので、うまくいけばダブルボギーで抑えられるかもしれない。長いミドルホールだと、普通に