ゴルフ上達レッスン71・ 「パットの線」に触れてしまった時は?

18番(508㍎)

1.5㍍のダブルボギーパットが残った。もう、90を切る望みはない。でも、90と91は違うよな、と思いながら、ラインを読んでいた。
ぜひ入れたいパットだ。カラーから寄せたときに、カップをオーバーしてからの転がり方を見ていた。
よく「カップに届かなければ入らない」「ミスするならカップをオーバーさせる」といわれる。短いと当然カップインはしないし、1パットで入れられる安全圏内にオーバーさせた方が「返しのパット」の方がラインを見ているので打ちやすい。なので、「パッティングは少し強め」を心掛けたい。「少し」が難しいのだが。

ラインを読んでいるときにパターヘッドがライン上に

これは絶対に入れたいところ。ちょっと、右に曲がるラインだった。反対側から見てもそんな感じだ。
ボールマークのところに戻りながら「この辺かな」とパターヘッドで確認していた時、グリーンにうっかりついてしまった。それがパッティングのライン上だった。
「すいません、いま私、ラインに触りましたよね」「うん、触ったね」とルールさん。「これ、ペナルティーですよね」「旧ルールではルースインペディメントを取り除くなど以外では、偶然でもペナルティーがあったけど、新ルールではラインの改善をしていないなら無罰になったよ」。
よかった。気を取り直して、ボールを置いた。

ホールアウトした直後にすること

上りのラインだったのが幸いした。1.5㍍を入れて、ダブルボギーでボールアウトした。ちょっと最後は「弱さ」がでたが、プレーとしては今日1日、上出来だった。
アプローチで使ったサンドウエッジを取りに行く。最終ホールでは特にクラブを忘れないようにしたい。4人の最後に、ルールさんがホールアウトした。
「どうもありがとうございました」と、全員に向かってあいさつする。帽子をかぶっていたら、帽子を脱ごう。女子プロのように、ハグまではしなくてもいい。
「今日はよかったんじゃないの?」とレッスンさん。「はい、思ったよりうまくいきました。皆さんのおかげで、楽しかった」とお礼を言った。
4人でカートに乗り込んで、クラブハウスに向かう。そうだ、万歩計があったんだ。1万8547歩と出ていた。

関連記事

  1. ゴルフ上達レッスン2・練習場で打つクラブの順番は

  2. ゴルフ上達レッスン6・ラフでのクラブ選択

  3. ゴルフ上達レッスン22・ボールの周りに落ち葉があったときは

  4. ゴルフ上達レッスン13・大振りせずにフェアウエーを狙いたい

  5. ゴルフ上達レッスン18・ピッチショットで寄せたい

  6. ゴルフ上達レッスン23・グリーン上のボールに当たった

こちらの記事もどうぞ

ゴルフレッスン, ラウンド中